女子バレーボールについて思うこと

女子バレーボールの瑣末的観察ブログ。選手への敬称略で勘弁。

トルコ人はハグ好きということらしい

ネリマンが男性観客にハグして驚いたという記事を書きましたが、コート内でもチームメイトに盛んにハグしてます。荒木にもこんなふうに背後からハグ。慣れてないと「わっ」と驚いてしまいますよね。どうやらトルコ人って、ハグ好きみたいですね。ちょっと調…

取り囲んで荒谷をなでなでするの図@NEC

開幕ではスタメンで起用されたものの、ちょっと出番を失っていた荒谷が最後に出て来て、サービスエース2本を決めるという、実に美味しい仕事をした。そして試合後、取り囲んでなでなでされているというショットが見られたのでした。 お、いつも眠たげな表情…

大野果歩だけ輪に入ってないウォームアップゾーン

ウォームアップゾーンって中継だとあまり映らないけれど、選手が踊っていることがありますよね。東レはなぜか輪になってぴょんぴょんしています。しかし、おや?一人だけ仲間に入ってないローンウルフがいます。大野果歩ですね。一緒にキャッキャするのは嫌…

またしてもブイリーコントロールをミスするミハイロビッチ

11月11日の刈谷大会で、またしても勝利インタビューされたミハイロビッチ。ここではボールとブイリー(ぬいぐるみ)のプレゼントは抽選方式。当たった男性にまずはボールを打ってこれはちゃんと渡った(男性の足元にあります)。次にブイリーを投げたんです…

赤ちゃんを抱いたままボールをキャッチした観客の正体は

日立に勝利したデンソー。勝利インタビューは田原と石井。石井がボールを2階席にアンダーハンドで打ち込みました。カメラがズームすると、なんとキャッチしたのは、片腕に赤ちゃんを抱いた女性です。おおっ。長距離を飛んできたミカサのボールを、空いてい…

寺廻「33番の選手のデータがない。誰かわかる?」選手「中央大学」

フルセットの熱戦になったPFUvs岡山ですが、3セットの途中で岡山はレアキャラの菱川選手を出してきました。するとタイムアウトでこんな会話が、 寺廻監督「33番の選手のデータがない。誰かわかるやついるか?」 しかし上の画像のように江畑も宇田も頭上に「…

アクアの新外国人選手ジョンソンが北川@大野石油を打ち倒す

唐突に現れた新外国人選手ジョンソン。この日の前日に来日したということで『チームの顔』にも載っていません。セッターと合わせる時間もなかったはずなので試合に出場させるというのは乱暴な話なんですが、アクアの応援団も多数来場していたのでお披露目し…

グダグダなチャレンジリーグ開会式

開会式なんて興味ないのですが、何かブログのネタになるかと眺めていました。仙台が減って7チーム。このように並ぶと、やはり岡山の選手の多さが目立つ。それはサマーリーグの時に記事にしたのでもういい。 開催地である金沢市長の挨拶。何か勘違いとかして…

早くも実現してしまった黒後vs堀江

そのうち見れるかと思っていたら、早くも実現してしまいました。黒後vs堀江。このスピード感は嬉しい。もしかして、これを見せるために堀江をここで入れてくれたのだとしたら、吉田監督に感謝です。 堀江が黒後のスパイクをシャットしました。そして次のセッ…

いいなぁ、ネリマンにハグされたいっス

11月4日の勝利者インタビューはネリマン選手。そしてブイリーはこの会場では抽選ということで、当たったおっさんがいそいそと出て来ました。すると上のようなことに。 これは超ラッキー。いいなぁ、羨ましいぞ、ニヤけやがってこの野郎。一応、一般人だから…

荷物運びするエース古賀にちょっかい出す森田

試合が終わった古賀は、試合中の険しい表情からにこやかなモードに。そして新人リベロの小島が抱えていた荷物の一部を「それは私が運ぶから」と受け取って、控え室に向かうところ。 そこに次の試合のためにデンソーの選手たちが入って来ました。ところが、一…

育成モードのNEC、塚田の不敵な笑み

10月29日のvs日立、第四セット5-5の場面で塚田がこんな表情を見せていました。開幕第3戦で、もうこんな余裕のある不敵な笑みを見せるとはっ! 外国人選手を入れずに育成モード全開で臨んでいる今期のNEC。スタメンに新人3人という完全に「今期は順位なんて…

堀江の笑顔(←なんか語呂がいい)

インドアスポーツですから天候はそんなに関係ないわけですが、Vリーグの試合に合わせるように台風が直撃してきますね。それに気分もつられて、なんだかどんよりしてきます。 そんな気分を吹き飛ばす何かが欲しい。そう、それは選手の弾ける笑顔なんてのがも…

ぬいぐるみコントロールの悪いミハイロビッチ

今シーズンから勝利者インタビューの後に観客に投げ込むものが、ボールからブイリーぬいぐるみに代わったようですね。さて、開幕2日目、フルセットを制したJTでしたが勝利者インタビューは新外国人選手のミハイロビッチ。1、2セットはいかにも気合の入らな…

Vリーグ開幕そして祝・辺野喜未来選手復活

3ヶ月ぶりの記事になります。以前も書きましたが、国別対抗戦にあまり興味がわかないのです。なんででしょうね。ともかくこのブログは基本的にはVリーグと春高バレーが中心になります。 さて個人的に多忙だったので、女子バレーについての情報も入れてませ…

サマーリーグ2017 「貧乏人の子沢山」という言葉を思い出してしまった光景

西部大会最終日の閉会&表彰式。ん? チームごとに並ばせてみると、一つだけ他を圧倒する長い列ができた。……岡山シーガルズです。 差別侮蔑する意図はないのです。でも単純に「貧乏人の子沢山」という言葉を思い出してしまって、なんとも愉快なような気持ち…

サマーリーグ2017 西部大会最終日、停電のハプニング

停電で試合中断しましたね。珍しいハプニング。以前、試合中に会場の非常ベルが鳴るというハプニングがあったのを思い出しました。こういう時、ニコ生だったら面白がってコメントが賑わうんでしょうけどねぇ。

サマーリーグ2017 栗原@日立や狩野@PFUは頼れる先輩?

東部大会2日目。日立の選手たちとPFUの選手たち。 こうやって見ると、両チームともそれぞれ一人だけ背の高い選手がいます。上の画像だと奥の日立の右端の選手。PFUの方は一番本部席に近いところに立っている選手。まーみなさんお分りかと思いますが日立は栗…

サマーリーグ2017 移籍した正里奈に言いたいことがあった山田NEC監督

東部大会2日目。NECvsデンソーが終了して帰ろうとする山田監督と、線審をしていた正里奈(PFUに移籍)がすれ違いました。画面の右下の黒く頭部だけ写っているのが正選手。 すると山田監督、立ち止まって、正に何か声をかけようとしたのですよ。しかし正はそ…

サマーリーグ2017 岩永@熊本(えっアタシに勝利インタビュー♪わーい)

2日目の西部大会。フォレストリーヴス熊本が好調です。何とJAぎふとJTに連続ストレート勝ち。画像はJTに勝った直後、セッターの岩永が勝利インタビューに呼ばれたのでしょう「え、私?」と自分を指さしています。 インタビューでも超ニコニコモードで、いい…

サマーリーグ2017 オクムを叱咤する下平@日立

サマーリーグは若手育成を目的にした大会であることを改めて感じさせてくれるシーンでした。ひっぱたくというほどのことではないけど、ペチンとしてます。おお、体育会的な上下関係が見られた。

サマーリーグ2017 大野石油に鹿屋体育大学の助っ人が(いいのか?)

これは初日の試合前練習。大野石油オイラーズです。「ん? 大野石油はリベロが4人もいるのか。いやアタック練習だからリベロじゃない。何だ?」とよく見ると青いユニの選手は背中に「鹿屋体育大学」と書かれている。鹿屋市でやっているから鹿屋体育大学から…

サマーリーグ2017 熊本@浜松は他人の衣服を着る性癖があるの?

まだ復帰できない様子の熊本@ブレス浜松。タオル配り係をやっています。しかし、よく見ると熊本の着ているジャージ上着の背中には「ARU」の文字が。ARUということはリベロの徳田亜留美のものをちゃっかり着用しているのでしょう。 そういえば記事にもしまし…

サマーリーグ2017 梅木@トヨ自と居村@岡山の因縁を想像する

少しずつ観ています。西部大会初日の岡山シーガルズvsトヨタ自動車は、1セット目終盤の岡山の逆転劇、2セット目終盤はトヨ自が今度は大逆転しそうでできず、面白かったですね。 さて、ネットを隔てて対峙していた梅木と居村。梅木は聖カタリナ学園高校の出…

サマーリーグ2017 NECのダブルセッターは苦肉の策か

サマーリーグ始まりました。いつものように、気になったこと、気づいたことを記事にしていきます。まずはNEC。おや、山口と奥山のダブルセッターですか。以前、久光もサマーリーグでダブルセッターを試みたことありましたっけ、なんて思っていたのですが、選…

サマーリーグトップ画像、中大路→浮島に差し替えの意味は?

わざわざ記事にするほどのことでもないかとは思うのですが、気づいたので記事にしておきます。なぜか画像の一部が差し替えされています。中大路だったところが浮島の画像に入れ替わっています。そもそもこの画像って「サマーリーグにおけるチームキャプテン…

サマーリーグ、DAZNでの配信が確定

サマーリーグの開催概要ページが公開されました。 www.vleague.or.jp すでに東西大会での参加チーム振り分けなどは発表されているのですが、このページの中でDAZNで配信されると書かれています。東日本大会は3コート、西日本大会は2コートの同時進行試合で…

次期Vリーグ開幕までにPELCO社の判定カメラ導入を

ひとつ書きそびれていたことがありました。チャレンジの時の判定ビデオシステムについてのことです。 前のシーズンからVリーグでもビデオ判定が導入されました。記事にも何回か書いたと思うのですが、そのクオリティーがとても低い。「フリッカーや偽信号が…

アジアクラブ選手権2017 久光製薬vs SupremeVC (タイ)

決勝戦は日本vsタイ。予想通りタイの横綱相撲で試合内容は見るべきものはなかったのですが、観客がほぼ満席だったことがとても印象に残ります。今月初めの神戸での世界クラブ選手権では客席がガラガラだったのに、こちらカザフスタンの人々は自国のチームで…

アジアクラブ選手権2017 久光製薬vs Altay(カザフスタン)

高さはあるけれど要所で緻密さに欠けるカザフスタンチーム。一方、久光製薬もやはり2軍だなあと思わせる戦いぶり。筒井と戸江のリベロ2人はレギュラーのはずなんですが、これだっと思わせるプレーが出ません。中田久美に全日本に選ばれなかったのは、やはり…