女子バレーボールについて思うこと

女子バレーボールの瑣末的観察ブログ。選手への敬称略で勘弁。

サマーリーグ、DAZNでの配信が確定

サマーリーグの開催概要ページが公開されました。 www.vleague.or.jp すでに東西大会での参加チーム振り分けなどは発表されているのですが、このページの中でDAZNで配信されると書かれています。東日本大会は3コート、西日本大会は2コートの同時進行試合で…

次期Vリーグ開幕までにPELCO社の判定カメラ導入を

ひとつ書きそびれていたことがありました。チャレンジの時の判定ビデオシステムについてのことです。 前のシーズンからVリーグでもビデオ判定が導入されました。記事にも何回か書いたと思うのですが、そのクオリティーがとても低い。「フリッカーや偽信号が…

アジアクラブ選手権2017 久光製薬vs SupremeVC (タイ)

決勝戦は日本vsタイ。予想通りタイの横綱相撲で試合内容は見るべきものはなかったのですが、観客がほぼ満席だったことがとても印象に残ります。今月初めの神戸での世界クラブ選手権では客席がガラガラだったのに、こちらカザフスタンの人々は自国のチームで…

アジアクラブ選手権2017 久光製薬vs Altay(カザフスタン)

高さはあるけれど要所で緻密さに欠けるカザフスタンチーム。一方、久光製薬もやはり2軍だなあと思わせる戦いぶり。筒井と戸江のリベロ2人はレギュラーのはずなんですが、これだっと思わせるプレーが出ません。中田久美に全日本に選ばれなかったのは、やはり…

アジアクラブ選手権2017 久光製薬vs台湾電力

久光製薬が3-1で勝ちましたが、久光製薬、台湾電力ともに守備にも攻撃にも粗があって不安定な試合でした。セットによって点差がバラバラであることがそれを表しているかと思います。 やはり底力をつけてきたとは言え、まだまだあちこちに綻びの見える台湾チ…

アジアクラブ選手権2017 久光製薬vsベトナム工商銀行

ヴィエティン銀行はwikipediaでは「ベトナム工商銀行」とも書かれているのでその呼称で書くことにします。なんか銀行が多いですよね、アジアクラブは。日本だとVリーグには群馬銀行ぐらいですけど、スポンサーとしては岡山シーガルズのユニでも目立つ中国銀…

アジアクラブ選手権2017 久光製薬vs天津渤海銀行(中国)

正直なところこのメンツで勝てるとは思いませんでした。 3-1で久光製薬の勝利。上の画像は第4セット序盤ですが、ここで石橋のサーブが連続で決まったのが心理的にイケイケムードになったように感じます。 それにしても高さとパワーで勝る渤海銀行チームに勝…

アジアクラブ選手権2017 久光製薬vsRebiscoマニラ

久光製薬のメンバー、特にアタッカー陣が控え選手ばかりです。ユニフォームは久光製薬なのに、馴染みのない顔ばかり。それが新鮮。ピンサ要員ではなく、ずっと守備もしている石橋が新鮮。なぜかずっと試合を見ていると、今村がエースに見えてくるのも新鮮。 …

アジアU-23、日本優勝。MVP山内美咲@NEC

サマーリーグまで更新しないみたいなことを書きましたが、アジアU-23優勝ってことで記事更新。アジアクラブ選手権もあるのでまとめてカテゴリ作りました。 今回のアジアU-23は開催地はタイのどこかの地方都市。日本のメンバーはVリーグ所属の控え選手+大学…

世界クラブ選手権2017 エジザジュバシュvsNEC

善戦はしましたが、やはりあらゆる点でエジザジュバシュが上であることを見せつけられ続けましたね。古賀、島村も場面によってはいいところを見せてくれたし、柳田スマイルも出ました。 ふと関係ないことを妄想したのですが、緊張感のない日本人同士のオール…

世界クラブ選手権2017 ディナモモスクワvs久光製薬

トカルスカのはつらつとしたプレイを見ていると、ふと「久光製薬やNECが世界クラブ選手権に参加する意義がどこにあるのか」という気にもなってきます。もちろん挑戦することには意義があるし、世界の有力クラブと当たって砕ける事で成長できる部分も多々ある…

世界クラブ選手権2017 ボレロチューリヒvsNEC

本日もNECはストレート負けでしたが、第3セットでは「このセット取れるかも」と思わせてくれたので良しとしましょう。古賀の表情も依然として険しいことは険しいのですが、生き生きとした瞬間もあったので。少なくともボロ負けではありませんでした。相変わ…

世界クラブ選手権2017 レクソナvs久光製薬

昨年秋の対戦ではフルセットで久光製薬の負けだったカードですが、今回は1セットしか取れませんでしたね。でも選手は平常心で臨んでいたように思います。NECはニコロバが抜けていたけれど、久光製薬の方はトカルスカがいます。しかし長岡はまだ欠場のままと…

世界クラブ選手権2017 オザスコvsNEC

黒鷲旗はまったく見ていません。DAZNが配信してくれるかと思っていた世界クラブ選手権、どうやら日本テレビが日本での放送権を買ったらしく、YouTubeのFIVBチャンネルでも見ることができません。そこで「横流し配信」を探して視聴ということに。 で、まずび…

優勝はNEC、MVPなど発表は3/24に

ファイナルの2試合はともにフルセットにもつれ込む展開で、ハラハラさせるよい試合でした。古賀がいつになく強いスパイクを決めたり、ニコロバのガッツポーズ、大野の顔の紅潮ぶりなど、選手も気合い入りまくりの様子でしたね。古賀の足がつりそうになった…

井村仁美@デンソーの現役復帰には意表を突かれた

井村コーチの現役復帰には驚きました。東レで中道コーチが一時的に現役復帰したのは白井の怪我という明白な理由があったわけですが、井村復帰の意図はよくわかりません。そこが不思議。なにしろ9年間もブランクあるとのことだし。 すると田原が正セッター、…

主砲ポリーナに気をつかう比金@トヨタ車体

あさっての方向を見ながら手を差し出すポリーナ。去りかけていた比金が大慌てでタッチしに来ました。そんな光景を見て「うーむ、なんかとても大切なお客様って感じだなぁ」と思ってしまいます。別にポリーナが威張っているわけではないのですが、ちょっと神…

Vリーグ初登場でポロリしてしまった秋山愛海選手@PFU内定

ポロリと脱げてしまったのは靴です。お間違えなきよう。ちょっとブレてますが、トリミングした右端に転がっているのが靴です。こういうのもチームから支給されるのかな。それでサイズがちょっと合わないのか、まだ足の形に馴染んでいなかったのか。グッと踏…

検索しての訪問者が多いので2013年の間橋香織選手を

ファイナル出場は果たせなかった日立リヴァーレですが、今シーズン最後の方になってから間橋選手の活躍が目立ちます。昨日本日のBSでの放送を見た人が検索して訪問するのでしょうか、だいぶ前にアップした「間橋選手の日立リヴァーレHPの画像があんまりだ」…

石井里沙が田原に平手打ちラリアット@デンソー

本日3月11日のデンソーvsPFUの入れ替え戦での出来事。第一セットの終わり頃のことです。得点の後にみんな集まっってハイタッチの後のこと。上の画像はその直前のようzすです。石井里沙が向こうの選手とハイタッチして、視線は右の方に。これからそっちの方に…

サインボールが客席まで届かず苦笑する渡邊彩@仙台

2月25日の仙台vsKUROBEのヒロインインタビューは渡邊彩@仙台。勝利して安心して脱力したのか、それとも緊張してしまったのか、アンダーハンドで客席に向けて打ったボールが届きません。衝立に当たってコートに戻って来てしまいました。 苦笑してます。しか…

デンソー応援団席にいるのは富山第一高校のコたち

これは2月25日か26日の試合から。デンソーの応援団席なんですが、青いジャージの高校生がズラリと揃って応援してるぞ。ん? 青いジャージに胸のところに赤い花って記憶にある。富山第一高校じゃないですか。なんでそんなところにいるの? 調べてみると、富山…

誰が佐藤優花の首を引っ掻いたんですか?

3月5日のヒロインインタビューです。しかし、妙なことに気づいてしまいました。見てた人も気になったのではないでしょうか。佐藤優花の首に2筋の赤い跡がついています。これって……。 慌てて試合の最後の方を見てみたのですが、そこでは何も確認できませんで…

杉山瑠夏の髪のまとめ方が変わったのには意味があるのか

トヨタ自動車ヴァルキューレ昇格おめでとうございます。なかなか試合の配信もないチャレンジ2なのですが、こちらは2日目の杉山瑠夏選手。これを見て「あれ? 昨日とは髪のまとめ方が違って、それ以前に戻ってら」と思ったのでした。なんか意味あるのか? ち…

水上真悠子@ブレス浜松は大学3年生の内定選手

プレミアとチャレンジ1の入れ替え戦よりも一週間早く、チャレンジリーグ1と2の入れ替え戦が始まりました。まずはチャレ1で7位のJAぎふと、チャレ2で2位のブレス浜松の第1戦。 ブレス浜松の方は、相変わらずトヨタ車体から移籍した熊本しか名前を覚え…

逮捕された女テロリストのように退場した小口樹葉@デンソー

2月25日の試合で、足がつってしまって退場したデンソーの小口樹葉。両脇を抱えられていたのですが、片足が麻痺しているような状態なので、ちょっとかわいそう。なんでお姫様抱っこしてあげないのでしょうか? まるで逮捕されて連行していく途中のような見か…

間橋の活躍に渡邊久惠も大喜び

いつもつまらなそうな顔をしていた間橋が大活躍。春日部共栄高校時代でも見せたことがないような喜びの表情を見せました。しかし間橋と同じくらい弾んだ表情をしているのが渡邊久惠です。 もう一つ。これは試合終了時のショット。いい笑顔。 これで「日立に…

ニコロバのマニュキアの色は赤

ニコロバがすごい顔をしていたので思わずストップモーションにしたのですが、その時に「あ、マニュキアしてんだ」と気づきました。NECレッドロケッツに合わせたのでしょうか、赤です。 あと、試合終了して引き上げる時に出てきたポリーナと親しげにしてまし…

アタックライン外からのジャンプトスは佐藤あり紗の代名詞的ワザになるか

アタックラインの外から、内側へと大きくジャンプしてのトス。これが、球に飛びついてトスするというよりは、落ち際でトスするのですごく華麗な技に見えます。これは金の取れるムーブでしょうね。もちろん、アンダーでアタッカーに上げる方が一般的なムーブ…

どうして外国人選手って、こんないい表情ができるのでしょう

2月25日の久光製薬vsJTが終わった後、次の試合の日立と東レの選手が出て来ます。そこでDAZNのカメラがトカルスカとジャクソンのこんな1ショットを捉えていました。「ん?この二人はどこかで接点があるのかな」と思ってwikipediaで両者の所属チーム履歴を見て…

2016/17出身高校別Vリーガーベスト10

ちょっとネタ切れになっていました。 そこで『チームの顔』をめくって、表題のようなことをカウントしてみたのでした。対象としたのはプレミアとチャレンジ1と2の全選手です。大学を卒業してから入ってくる選手もいるけれど、とりあえずは出身高校というこ…

古賀@NECの熱い闘争心が透けて見えた瞬間

結果はトヨタ車体のストレート勝ちでしたが、とりわけ3セット目は燃えたぎるような熱い勝負になったNECvsトヨタ車体。 2年目のシーズンを終えようとしている古賀ですが、なんか最近は2年目の選手とは思えないようなエースの貫禄を感じます。それはそれで素…

小幡を見つめる中村と井上の表情がイイ

テクニカルタイムアウトの時、JTの選手たちが集まっています。リベロの小幡が身振りを交えて気づいたことを喋っているのでしょう。1年目のルーキーですが、すっかりチームに溶け込んでいます。 その小幡を見つめる中村と井上の表情がいいですねぇ。特に中村…

古藤と話し込む長岡にタッチして通過した栄の心情は如何に?

2月18日。テクニカルタイムアウトの時にコート脇で古藤が熱心に長岡にアドバイスを送っているようです。長岡は久光製薬のエース。正セッターは中大路。第二セッターがベテラン古藤だから、栄は第三セッターということになる。 この日は、福岡での試合で、長…

DAZNの解像度のおかげで石井里沙に親近感

ニコ生からDAZNに代わってよかった点は解像度の向上。あとはスロー再生があることでしょうか。惜しいのは視聴者コメントがなくなったこと。やたらと詳しいやつとルールも知らないでたまたま見ている奴が混在するのが面白かったし、自然発生的にあだ名が生ま…

チアの演技がガッツリ配信されるのは珍しい

2月12日の柏vs仙台の2セット目と3セット目の間で、地元のチア部の演技がたっぷり配信されました。結構珍しいような気分です。ちなみに専修大学松戸中学&高校だということで、ちゃんとテロップも付いてます。 今までのバレーボール放送だと、チア演技をや…

小清水@柏エンクロの背後でメラメラ燃える炎

柏エンクロのホーム開催地である柏市中央体育館。サーブを打とうとルーティンに入っている小清水選手の背後に何やら燃え盛っているものがあります。何だ、あれ? ストーブの一種と言っていいのかな。ジェットヒーターとか言うような気もする。野外のイベント…

久光製薬MBの威圧感について

トカルスカが両手を上げて真ん中に立っていると、別に顔は怖くないのですが威圧感ありますよね。復帰した岩坂も、怖い顔ではないけれど、ギョロ目をしていて、これって、中継で見ているからどうということはないけれど、相手コートに立っていたとしたら結構…

近江@NECの表情にプレミアの選手である覚悟と自負を感じた

3レグとファイナル6の間に、見逃し配信でチャレンジ1と2の試合を8試合観て、そしてまたプレミアチームの試合を観ると、やはり差を如実に感じます。体の動きの速さ、スパイクの強さなどなど。「やっぱ競技の頂点にいる選手だよなぁ」などとミもフタもな…

うっかり芥川@JTを内定選手かと思ってしまった(おバカな自分)

芥川選手、ようやく復帰しましたね。怪我をしたのが昨年の黒鷲旗ですから、だいぶ時間がかかりました。本日のファイナル6の初戦であるvs東レに、一瞬だけ試合に出たので、コートで動く芥川のDAZN初登場ということになります。 しかしこの時期なので自分は「…

工藤@デンソーはミアの後継者になるつもりなのか

セット間に工藤がバナナを食べています。最近では木村沙織がバナナを食べていますが、日本人選手では珍しいですよね。木村沙織の場合は「ん?トルコリーグとかで覚えて来たのかな」と思いましたが、工藤は新人だからどこで覚えたのだろう。 あ、そういえばこ…

線審の旗が吹っ飛ばされるのは珍しいかも

勢いのあるボールが線審や審判に当たるのはたまにありますが、線審の旗に直撃して吹っ飛ばすというのはかなり珍しいような気がします。狙ってできることではないから、これも何か名をつけて「珍プレー集」としてシーズンが終了したらまた見てみたい光景です。

小平花織、CLUB EHIMEにて復帰

東レで最後はリベロをやっていた小平花織選手が、Vチャレンジリーグ2のさらに下の地域リーグのチームですが、CLUB EHIMEで復帰するそうです。まだ26歳ですから、引退した理由は知らないのですが、まーだまだ活躍できますよね。それで、1月29日の愛媛県武道…

エンド席に就実バレー部軍団を発見

群馬銀行vsプレステージの試合で気づいたことがもう一つあります。サーブを打とうとしているのは群馬銀行の栗田選手。共栄学園のセッターとして春高でも活躍しました。しかしこの時、後ろの画面右下に小川@就実(東レ内定)がいることに気づいたのでした。…

大阪国際滝井から富山大という謎のライン

一日に一試合ずつ観てます。ようやく1月28,29日のチャレンジ2の試合に。まずは群馬銀行vsプレステージ。 顔と名前が一致する選手が少ないです。この2チームだと、プレステの方は元パイオニアの佐藤円(つぶら)と春高の時に記事にした浅川希選手。群馬銀行…

ミスしたお馬鹿な私、と頭を叩く迫田@東レ

自分の頭をポコンと叩くって、なんか死語に似たような「しぐさ」なような気がします。「ミスした私のバカ、バカ!」という感じでしょうか。ともあれ、自分の頭を叩くのは珍しい。 しかしこのしぐさを見たことで、私の中では迫田選手に対する評価がちょっと変…

顔面スパイクで流血その2(平谷@KUROBE)

こちらは1月21日のKUROBEvs仙台でのショット。スパイクを放ったのは津賀だったかと思います。強烈なやつを顔面に被弾してしまいました。しかしこちらも大したことにはならず、すぐ血が止まりましたね。平谷選手の親指の付け根あたりに落ちてきた血の流れてい…

顔面スパイクで流血その1(中村@JT)

カテゴリの関係で記事を2つに分けます。まずは1月28日のJTvsPFUでの一場面。島畑@PFUのスパイクを中村@JTが顔面で受けてしまい鼻血がタラー。島畑はセッターですから、完全に意表を突かれたのでしょうかね。中村は頑丈そうなイメージがありますが、どんな…

今シーズン竹田@トヨタ車体の存在感の低下はいいことか悪いことか

昨シーズンは何度もコーチに抱えられ、肩で支えられてコートから運び出されていた竹田選手。今シーズンはプレイヤーとしての出場機会もほとんどなく、タイムアウトの時もコーチやら選手やらがワイワイ喋っていて、竹田は最後に檄を飛ばすだけという感じです…

小幡の脳天とハイタッチしてしまった寺井

1月29日のレギュラーラウンド最終戦、vsトヨタ車体の第三セットが始まる直前。コート内でハイタッチするJTの選手たち。しかし小幡が肩をすくめて変な顔をしていますね。これ、実は寺井に脳天をひっぱたかれた、というかハイタッチされてしまったのでした。 …