読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子バレーボールについて思うこと

女子バレーボールの瑣末的観察ブログ。選手への敬称略で勘弁。

春高バレー2017で最も印象に残った選手は兵頭由希@就実

先ほど、ついに春高バレー2017の女子のすべての試合を見終えました。 ここ4年ほど、できるだけHDDやディスクに録画してきたのですが、おそらくみなさんも心当たりあるように録画しちゃうとそれで安心して見ないんですよねぇ。でも今年はやりました。ブログを…

大和南の選手は手の甲に「今年の漢字一文字」

大和南高校の選手は、全員ではないですが、手の甲に一文字の漢字を書いていました。それぞれに意味があるんでしょうね、たぶん。 しかしホントに通達があって「二の腕スローガン」が高知中央高校以外では見られなくなったのかどうかはわかりませんが、あのま…

黒後@下北沢成徳はわりと神経質なのかも

くんくん。黒後選手が渡されたタオルを嗅いでいます。これは今回初戦になった福工大福井戦での1ショットなんですが、その後の試合でもどこだったかは忘れてしまいましたが、同じようにタオルの匂いを嗅いでいたことがあったと記憶します。まー高校生の女子で…

小林監督@高知中央の後頭部と二の腕スローガンのこと

選手は3年で入れ替わる訳ですが、監督は何年も在任します。なので、春高バレーの常連高校の場合、選手よりも監督さんに「お、今年もこの人の顔を見れた」と思うことが多かったりします。そして、いつも思うことなんですが、高知中央高校の小林監督の後頭部!…

西日本短大附vs川崎橘でヘディング珍プレー

「はじめに」の記事で書いたように、私は40年前のバレーボール部員ですのでヘディングしてボールをつなぐという発想がありません。ヘディングとかキックがOKになってからバレーボールをした人はどう思うのだろう。 たまたま頭に当たってしまって、結果的にボ…

おサーブ頂戴いたします@佐賀清和

一回戦で敗退しましたが佐賀清和高校の千葉奈緒選手です。相手高校がサーブをする時に独特のポーズをしています。千葉選手だけのポーズではなかったので、このチームの「しきたり」というか「ルーティン」みたいなものなのでしょう。 しかし若い時にヤクザ映…

鹿児島女子リベロの背中にボールがポトンと

準決勝の下北沢成徳vs鹿児島女子でのショットです。場面的には第一セットの17-20の時のこと。ぼんやりと観ていたので、一瞬何が起こったのかわからないシーンがありました。そこで後から録画した映像を確認。 画面真ん中の上の方にボールがあります。これが…

敗退したがやたらとアップ撮られた荒谷栞@共栄学園

結果的にはストレート負けでしたが、ハラハラするいい試合でした。そしていつものようにえげつないフジテレビカメラはやたらと荒谷栞をアップ撮りしました。一年生の時から目立っていた荒谷でしたが、さらにスキルアップしていて、バックアタックで空中で体…

急に飛び跳ねた貫井監督@八王子実践

基本的にはPCでフジテレビONEsmartの特設チャンネルでDコートを見ています。そしてちょっと離れたところにあるテレビにスカパーチューナー経由でAコートが映っているのでした。富士見vs米沢中央のフルセットが終わって、横目でテレビの方の八王子実践vs九州…

西日本短大附コーチ「どげんばしようがないとね」

春高バレーの楽しみの一つに、選手たちやコーチがタイムアウト時に喋る「その土地の喋り言葉」があります。本日もいきなり、タイムアウトの時のマイクが拾ったのが「どげんばしようがないとね!」という女性コーチの言葉。おおっ。いいねっ。 福岡代表の西日…

津商業高校の松村選手がやけにイケメンだ

初日で敗退してしまったのですが、この選手、やけにイケメンですなぁ。長岡@久光製薬がタイの女子に人気のイケメンだとして、この松村選手は日本でウケるタイプのイケメンだと思う。バレースキルも高そうだから、いずれどこかのチームからオファーされて活…

春高バレー2017 初日Dコート放映のダブり

昨日アップした記事への補足みたいなことになります。昨日の記事では初日の放送でのAコートとEコートの最初の4試合がダブって放送されることについて書きましたが、もう一つダブる部分があることに気づきました。 それは初日のDコートの試合の放送に関して…

春高バレー2017の視聴方法(私の場合)

春高バレーの時期がやってきました。地上波(フジテレビ)ではダイジェストを深夜に放送するだけなので、試合をテレビで観るにはCS放送でのフジテレビ(ONEとTWOとNEXTの3局)を視聴しないといけません。毎年一度のことなんですが、忘れがちでもあり、また昨…