読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子バレーボールについて思うこと

女子バレーボールの瑣末的観察ブログ。選手への敬称略で勘弁。

大阪国際滝井から富山大という謎のライン

f:id:estan:20170207213001p:plain一日に一試合ずつ観てます。ようやく1月28,29日のチャレンジ2の試合に。まずは群馬銀行vsプレステージ

顔と名前が一致する選手が少ないです。この2チームだと、プレステの方は元パイオニアの佐藤円(つぶら)と春高の時に記事にした浅川希選手。群馬銀行の方は共栄学園でセッターをしていた栗田選手ぐらい。そこで、試合の映像を見ながら「チームの顔」も開いて参照しています。そこで「おや!?」と思ったことがある。

画像の選手は、ルーキーの三好紗弥香@群馬銀行です。ルーキーながらすでにレギュラーになっているようだ。「おや!?」と思ったのは、ちょっと前に記事にした平谷里奈@KUROBEと一緒で、大阪国際滝井富山大学というところ。生年月日を見ると平谷選手の一年後輩です。

やはり何かあるのか、と調べたのですが、一つだけ同じ疑問を持った人のブログ記事が出てきて、そこには「大阪国際滝井は元々は薬学系の学校。なので、薬といえば富山、というつながりではないか」ということが書かれていました。しかし、高校から大学への進学の数を表示しているサイトによると、大阪国際滝井から富山大は毎年1人ぐらいしかいないから、それは違うような気がする。やはりバレーのつながりが何かあるのではないでしょうかね。

というのは、数は多くないけれど、調べてみると、大阪国際滝井→富山大で、白崎という選手がKUROBEに内定してます。DAZNが配信した1月21,22日の試合では出場機会はなかったけれど、控えリベロとして既に出場してますね。