女子バレーボールについて思うこと

女子バレーボールの瑣末的観察ブログ。選手への敬称略で勘弁。

小幡の衝立て外回転レシーブが絶品

f:id:estan:20190402072459j:plain

あまりスーパープレイを取り上げない当ブログですが、これは唸りました。31日のファイナル3、第3セット中盤です。ボールを追った小幡がついたてギリギリのところでキャッチ。その勢いのまま、ついたてを倒して体は外へ。この画像ではもう顔面から突っ込んでいます。ところが…

f:id:estan:20190402072753j:plain

くるりんぱっ。瞬間的に体をひねりました。回転レシーブです。しかしこれ、捨て身ですよね。ついたての外だから、例えば観客の荷物が置いてあるかもしれない。例えば画鋲がばら撒かれてるかもしれない。生花の剣山が転がっているかもしれない。蛍光灯の束が何気に置かれているかもしれない。

f:id:estan:20190402073147j:plain

そして立ち上がった瞬間にもうコートめがけて駆け出しています。すごい。もうアドレナリン、出まくっているのでしょうかねぇ。

プロレスの話で申し訳ないですが、日高郁人という小柄な選手を瞬間的に思い出しました。相手レスラーにロープの間からリング外に放り投げられる時に、とっさに片手でロープを掴み、場外に着地した瞬間に飛び上がってまたリング内に戻るというムーブを得意としています。それを思い出しました。

VOMに選ばれた上坂@日立のリアクションがあまりにもピュア

f:id:estan:20190325185156p:plain

3月23日の試合直後、VOM発表の瞬間をうまくDAZNのカメラが捉えていました。VOMに選ばれたのはルーキーの上坂です。場内放送で発表コールされた直後です。周りの選手は皆上坂を見ていますね。そして、おお、この、まるで泣き顔のような表情ですよ。このピュアさがいい。そして、すぐに顔をタオルで隠してしまいます。

f:id:estan:20190325185511p:plain

このリアクションもいいですよねぇ。周りのみんな、盛り上がっています。渡邊久惠は左手では指差していますけど、右手はこぶし握ってますね、なんなんスか。一発どついてやろうという意思表示でしょうか。

いやしかし、こういうシーンは見たい。来シーズンのファイナル8(8になるか?)ではぜひ、どの選手が受賞するかは直前にDAZNにチクってもらいたいもんです。

河本監督@岡山の顔色を変えた高相@PFU内定

f:id:estan:20190319212157p:plain

ふ〜む、やはり何か持っているのかもしれませんね。春高での活躍で沸かせた高相選手ですが、この身長ですから、さすがにVリーグは無理かと思っていました。中京大学でのプレイがどうだったかはわからないのですが、PFUが採りました。そして、3月17日でのvs岡山、3セット目の最後に出てきて大活躍。解説の鳥越@元NECも「もうちょっと早く高相選手を出していれば」と言うほど。それまでは楽勝ムードにタイムアウトで金田をいじっていた河本監督も、顔色が変わっていましたね。試合をひっくり返した訳ではないけれど、インパクトは残しました。

とはいうものの、この身長です。いくら何でも低すぎると思いますよね。セッターどころか、リベロの身長です。打ち出しの速さで勝負だとしても、この競技のトップの選手が集まるVリーグでは、高相選手の打ち出しのタイミングにすぐに合わせられてきてしまうような気もするんですが、それをかわすことができるかどうか。来季に持ち越しの注目点でしょうかね。あとは都市大塩尻でのチームメイト、窪田@日立との対戦なんかも注目したい。

柏井高出身3人娘のこのショットから春高2016を振り返る

f:id:estan:20190318205556p:plain

3月17日東レvsデンソーの試合後。こんなショットをDAZNが捉えていました。関@東レと工藤・中元@デンソーの柏井高校出身3人の交歓の図。

工藤・中元が3年生の時に関は1年生という関係になります。これを見てしまうと、春高バレー2016を再チェックしたくなってしまいますよね。

ということで準々決勝のvs八王子実践を保存してある映像で再度チェックしてみました。

f:id:estan:20190318210119j:plain

手前が中元南です。柏井のエースは中元だったんですよね、しかし怪我でベンチから応援するしかない。ベンチの一人置いて向こうに関がいます。一年の時は関は柏井の正セッターではなかったんですね。それにしても、顔、あまり変わっていませんね。

試合は工藤の奮闘虚しく、八王子実践にストレート負け。八王子実践の方は東谷が一年生エースで、積山もいますね。ん、なんだ、東谷、積山、中元、工藤と、みんなデンソーに入ったのね。色々発見ありました。そしてさらにストーリーは続いているわけですよね。

 

ギュっとハグする古藤@久光と佐藤@トヨタ車体なのだが

f:id:estan:20190317115025p:plain

3月16日の久光vs上尾の試合後の一コマ。次の試合のため出てきた佐藤澪@トヨタ車体と、古藤がギュっとハグしています。この後、座安もやってきて佐藤に何か話しかけていました。2015年の全日本メンバーつながりということは容易にわかるのですが……。腑に落ちないのは、このギュっとハグなんですよね。

……どちらかが、今期で引退ということなのかなぁ。と思ってしまいます。

2階席に届かなかったブイリーを走って拾いに行く金田@岡山

f:id:estan:20190313104929p:plain

3月9日の岡山vsKUROBE。勝利インタビューの後のブイリー投げで、2階席に届かず、アリーナ席後ろに落ちてしまいました。待ってればスタッフが拾ってきてくれるのでしょうけれど、慌てて、しかも走って取りに行った金田の律儀さが微笑ましい。

田原@デンソーと浮島@KUROBEの接点とは

f:id:estan:20190311091945p:plain

3月9日のデンソーvsJT戦の後、控え室に帰るデンソーチームとコート入りするKUROBEチームがすれちがい。フルセットで勝ったデンソーの中川が大きなガッツポーズをしてフレームアウトします。その先にいたのは……和才でした。これは日体大つながりですね。

さてそのあと、やはり日体大出身の丸山とタッチする中川なんですが、おや? その後ろで田原と浮島ががっちり握手してる。

f:id:estan:20190311092337p:plain

浮島は延岡学園、田原は文京学院だし、一体どこに接点が? と思ったので調べてみました。『チー顔』ではわからないのでネット検索。アンダーカテゴリーのどこかで一緒だと思うので。

むむ、これですね。

f:id:estan:20190311092647p:plain

これ、2013年の第10回ジュニアオールスターです。ここで一緒でした。PDFですが元のベージはこちらです。2ページ目が女子。ざっと見たところ4チームのうち4割ぐらいはVリーグに入っていますかね。佐川@NEC、林・藤本@東レ、宮本@デンソーなど、もうやめてしまった選手の名もありますね。当時よりもむしろ、今、見てみたい試合ですよねぇ、これって。

石井&戸江@久光の観客席ダイブ

f:id:estan:20190304092058p:plain

3月3日の久光vsトヨタ車体、第3セットでボールを追った石井がついたてを倒して、さらに客席のおっさんの膝に乗るというサービスプレイ。左手の位置を見るとおっさんの急所直撃するところだったかもしれませんね。隣の女性は大げさな身振りで石井を見ているけど、おっさんはボールの行方の方に関心があるようです。

さて、そのボールをなんとか返そうとした戸江も続いて観客席にダイブ。

f:id:estan:20190304092517p:plain

これまたおっさんに抱きついてしまうというサービスを敢行。ついたて、全部倒れていますね。

セット終了後のハイライトでは別角度カメラの映像も見せてくれました。

f:id:estan:20190304092750p:plain

選手が若い女性だから「サービス」なんて書いたけれど、毎日鍛えているアスリートだから、ぶつかったら結構痛いかもしれません。

私、以前書いたけれど女子プロレスをよく観戦していたので、場外乱闘になった時ににげる方向を間違って女子レスラーにぶつかったことがあります。自分と同じ背丈ぐらいであっても、さすがレスラー、ぶつかると私の方が跳ね飛ばされましたっけ。

間違い探しです(難易度低い)

f:id:estan:20190302074241p:plain

元のページはこちらです。

このブログのようにファンの個人サイトではなく、Vリーグ公式サイトですので笑えますね。Vリーグオフィシャル>ファイナル8特設サイト>WOMANで、ページの下の方にチーム紹介があってその東レのところ。

いつ頃まで放置されているかで、Vリーグ運営の対応力がわかるかも。以前も公式ツイッターで間違った情報を流していたから今さら驚きませんけど。

カムンタラーのタイ式挨拶

f:id:estan:20190224185036p:plain

レギュラーラウンド最終戦PFUのチャッチュオンとJTで最近はカムンタラーがレギュラー起用されているということで、もしかしたらタイから熱心なファンが観戦に来たのかもしれません。それとも日本在住のタイの人かな。あるいは、JTサポーターが「タイの挨拶は合掌ポーズらしい」ということでそうしてるのかも。

どれが正解かはわかりませんが、片手に荷物を持っているカムンタラーは空いている左手だけで合掌ポーズのタイ式挨拶しました。ポーズにこのニッコリが加わってタイ・スタイルの挨拶になります。

ああ、またタイをぶらぶらしたいなぁ。以前ぶらぶらした時はムエタイ(キックボクシング)観戦をしたけれど、今度タイに行ったらバレーボール観戦だな。