女子バレーボールについて思うこと

女子バレーボールの瑣末的観察ブログ。選手への敬称略で勘弁。

ネリマンは榊原の足を持って何をしようとしたの?

f:id:estan:20200113180029p:plain

12月1日の車体vsNECの最後あたりで、ボールを追った榊原がベンチ付近まで床をスライディングしました。その後から来たネリマン、何を思ったのか、榊原の足を持とうとしているように見えます。

すぐ榊原が立ち上がったので、ネリマンが何をしようとしたのかはわからないのですが、いやホントにこのまま榊原が伏せていたら、どうしようとしたのでしょうかね。足を持ってコートの方に引きずって行ったりして。それとも腕と間違えて足を持って逆さまに立たせようとしたりして。などと妄想してしまいます。

上体を腕で浮かせて立ち上がろうとしている榊原、このままネリマンがついうっかり、ものの弾みで両足を持ち上げてしまったら、どうしたでしょうね?

シュシュニャルの彼氏にスリスリする山口@上尾

f:id:estan:20200111205301p:plain

山口@上尾は懐き上手なんでしょうか、図々しい飼い猫のような感じで、ほら、シュシュニャルのイケメン彼氏にくっついちゃってますよ。12月1日のデンソーvs上尾の試合後のショットです。選手としてのスキルももちろんあるわけですが、別なポジションでもやっていけそうですよね。

さて同じ日の試合が決まった直後のショットですが、

f:id:estan:20200111205822p:plain

これを見てふと思ったのですが、ウォームアップゾーンにいることがあまりない吉野選手が、こんな感じで「イェーイ」ってやってもらいたいな、と。クールなのも魅力的だと思うのですが、弾ける時は弾けるというのも見たいと思います。

田原はデンソーの振り付けに夢中なのだろうか?

f:id:estan:20200103110622p:plain

11月30日のデンソーvs車体での一場面。それまでもデンソーのウォームアップゾーンが映されると、何やらダンスをしている姿が見えたのですが、この日のこれは一体何だろう?田原は何をしているのでしょう?

配信ではそれほど長くは映してくれないのでよくわかりません。会場で確認するしかないのかな。それにしても、この一瞬の画像からは、田原が音頭をとって振り付け指導しているようにも見えます。田代加入で正セッターの重圧から解放され、ダンスに力を入れているということなのでしょうか。

ありゃドルーズ、ブイきちまで投げ入れちゃったよ、と思ったが…

f:id:estan:20200102221205p:plain

11月24日のJTvsデンソーの試合後の様子を見ていて「!」。ありゃ、勝利に浮かれてドルーズがブイきちまで観客に投げ入れちゃったよ、ゲットした人ラッキーだな、と思いました。上記のシーンです。

でも、よく見返してみると、知り合いに向けて投げたんじゃないかな。この前のショットで、キョロキョロと誰かを探しているような仕草をしていましたし、この投げ入れの時も、わざわざデンソー選手たちが控え室に戻る中に割り込んできて投げ込んでいるし、おそらくは特定の人に向けてプレゼントしたのだと思われます。

ところで、どうしてブイリーだけ投げ入れしているのでしょうね。ミカサの試合球よりもむしろ、ブイリーとブイきちを投げ入れる方が喜ばれるような気がするんですけどね。私もバレー用のボールを一つ持っていたけれど、使わないし、なんとなく邪魔なので児童クラブに寄付しました。ドッヂボールとかで使っているようです。そう、その時、児童クラブの中に貼ってあるスポーツチームの募集貼り紙を見たけれど、野球、サッカー、バスケはあったけれどバレーはありませんでしたね。今どきの小学生にとって、少数派のスポーツになっているのだなぁ、と思いました。

曽我@NECは天然ボケキャラ?

f:id:estan:20191231135941p:plain

11月23日のNECvsJTの試合前、何やら表彰式のようなことが行われていて、NECの選手が並んでそれを見ています。で、拍手したりしていたのですが、ぼーっとしていた曽我選手、みんなが拍手し終わってから拍手を始めました。すると、後ろの上野が「やめとけ」という感じで曽我の肩を叩いた瞬間が上の画像です。

曽我って、愛嬌のある印象の選手ですが、けっこう天然ボケキャラなのかも、と思ったのでした。

堀江@上尾の背中をちょっと触った白井@東レ

f:id:estan:20191227201438p:plain

11月16日の東レvs上尾の後、まあ、両チームとも下北沢成徳出身者だらけですから、黒後の元にさささっと堀江が近づくという場面が見られました。それはそれでいいんですけど、堀江の背中をそっと触っている白井がなんとなく気になる。白井の心中はいかに?ということを考えると、なんかザワザワと来るものがあるんですよね。

ま、そんな人間関係を妄想して楽しんでしまうわけですが、この直前にもちょっと面白いことがありました。

勝利インタビューの関@東レです。ブイリーを手近な席に投げ込み、ボールの方は2階席に投げたのですが、届きません。

f:id:estan:20191227202051p:plain

黒幕の前に虚しく落ちてしまったボールが見えます。そして、右下、関はもうダッシュしてますね。そのボールを拾って、再度、2階席に投げるのですが、今度は客がキャッチし損ねて、またしてもボールが落ちてしまいます。それを拾って、あくまでも2階席に投げ入れる関。ようやく「3度目の正直」で観客にキャッチしてもらうことができました。

エンド席の大竹@デンソーが気になったりして

f:id:estan:20191221071552p:plain

これは11月16日の試合。

ベンチ入りしている選手よりも、エンド席の選手の方が気になります。長岡@久光とか黒後@東レだとわざわざカメラが撮ってくれるのですが、大抵は試合を見ているだけ。ピントがあっていないこともあるのか、大竹、ちょっと痩せたように見える。それもあってか、切なげな表情をしているようにも見えてしまいます。

試合後は選手の輪の中心にいた大竹ですが、このショットでは無防備に心の中をさらけ出しているような気も…。

山口@上尾のチョンマゲはナデナデを誘う?

f:id:estan:20191218082423p:plain

11月10日の上尾vsKUROBEの試合終了後の光景。肥留川副部長が選手とタッチして歩いています。そして山口にもタッチ、ところがその後、画像のように、頭のてっぺんにもタッチ。なんとなく山口のチョンマゲが目に入って、ナデナデしたくなったのかもしれませんね。微笑ましい光景でした。

山上@トヨタ車体はインタビューの挙動不審が面白い

f:id:estan:20191214223306p:plain

まあ、面白いなんて言ってしまうのは失礼かもしれませんが、山上@トヨタ車体はインタビューの時に視線がやたらと泳ぎます。前々から私はそれを「面白い」と思ってしまっていました。

視線だけでなく、マイクを持つ手を動かしたり、ブイリーを妙な感じで振ってみたり、応援団の方を見たり、とにかく落ち着きがない。これからも期待できそうなキャラです。

あ、これ11月9日のvsKUROBEでのこと。

ついでに書いておきますが、V.TVの配信試合を見ながら一ヶ月遅れのDAZN配信試合を見ていると混乱してくるので、これからは一ヶ月遅れで徐々に試合を見ていくことにします。コアなファンはDAZN+VTVで見ているでしょうから、ブログ記事としては遅くなってしまいますが一つ勘弁ということでよろしく願います。

マイクをパンパン叩く小幡@JT

f:id:estan:20191211075908p:plain

ようやくDAZN配信の試合も一ヶ月遅れで見れるようになった11月9日のJTvs上尾。勝利インタビューは小幡。

ところが会場に音声が流れないようで、小幡、イライラしているのか、景気良くマイクをパンパン叩いています。一般人よりも叩く力は強いのでしょうから、マイクが破損するのではないかと心配です。

と思ったら今度は、

f:id:estan:20191211080322p:plain

あらら、ブイリー使って叩いているよ。ブイリーかわいそう。