読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子バレーボールについて思うこと

女子バレーボールの瑣末的観察ブログ。選手への敬称略で勘弁。

石井里沙が田原に平手打ちラリアット@デンソー

f:id:estan:20170311200223p:plain本日3月11日のデンソーvsPFUの入れ替え戦での出来事。第一セットの終わり頃のことです。得点の後にみんな集まっってハイタッチの後のこと。上の画像はその直前のようzすです。石井里沙が向こうの選手とハイタッチして、視線は右の方に。これからそっちの方に進んでいくのですが、どうやらその間にいる田原のことが目に入っていなかった様子です。それで、次の瞬間。

f:id:estan:20170311201149p:plain画面切り替えのエフェクトが出て来て半分ぐらい画面を隠してしまっていますが、上の画像からの流れで、一体どんなことが起こったのかはわかりますよね。

しかしよくみんなで互いにハイタッチする光景は見かけますけど、動き方によってはこんなことが起こるわけで、結構我々観客が見えてないところでこういう接触事故が起こっているのではないかと思います。

サインボールが客席まで届かず苦笑する渡邊彩@仙台

f:id:estan:20170308223152p:plain2月25日の仙台vsKUROBEのヒロインインタビューは渡邊彩@仙台。勝利して安心して脱力したのか、それとも緊張してしまったのか、アンダーハンドで客席に向けて打ったボールが届きません。衝立に当たってコートに戻って来てしまいました。

苦笑してます。しかし観客も少ないです。これがチャレンジリーグ。なんとなくこのゆるい雰囲気もまたチャレンジリーグ

デンソー応援団席にいるのは富山第一高校のコたち

f:id:estan:20170307224730p:plainこれは2月25日か26日の試合から。デンソーの応援団席なんですが、青いジャージの高校生がズラリと揃って応援してるぞ。ん? 青いジャージに胸のところに赤い花って記憶にある。富山第一高校じゃないですか。なんでそんなところにいるの?

調べてみると、富山第一高校バレー部はデンソーの体育館を借りて合宿させてもらっているとのこと。しかし具体的にはどんな繋がりがあるのかはわかりませんでした。富山第一からデンソーに入団している選手がいるわけでもないし。

ここは富山県黒部市総合体育センター。KUROBEアクアフェアリーズのホームゲーム。富山県の高校だからって、富山県のチームを応援するわけではないのがちょっと面白い。前に記事にした、岡山県就実高校が、岡山だからシーガルズと結びついているわけではなく、なぜか愛知県のトヨタ自動車と繋がっているのと似ています。

自分が知らないだけで、他にもこんなふうに意外な結びつきのある高校とチームの関係があるのかもしれないですよね。

誰が佐藤優花の首を引っ掻いたんですか?

f:id:estan:20170306190510p:plain3月5日のヒロインインタビューです。しかし、妙なことに気づいてしまいました。見てた人も気になったのではないでしょうか。佐藤優花の首に2筋の赤い跡がついています。これって……。

慌てて試合の最後の方を見てみたのですが、そこでは何も確認できませんでした。なので、得点率で昇格が決まったとのアナウンスの後、みんなで喜んで抱き合ったりした際に喜びのあまりに爪を立ててしまったという猫のような選手がいたのでしょう。誰なんでしょうかねぇ。

杉山瑠夏の髪のまとめ方が変わったのには意味があるのか

f:id:estan:20170305173819p:plainトヨタ自動車ヴァルキューレ昇格おめでとうございます。なかなか試合の配信もないチャレンジ2なのですが、こちらは2日目の杉山瑠夏選手。これを見て「あれ? 昨日とは髪のまとめ方が違って、それ以前に戻ってら」と思ったのでした。なんか意味あるのか?

ちなみにこちらが昨日の入れ替え第一戦での姿。最初「随分髪が伸びたなぁ」と思ったのですが、違いますね、髪のまとめ方が違うだけ。ポニーテイルじゃなくて、ヘアバンドで押さえてあるだけです。あんまり見てないからわかってないのかもしれないけれど、ユニフォームの色によって変化させているのでしょうか?

f:id:estan:20170305175853p:plain

水上真悠子@ブレス浜松は大学3年生の内定選手

f:id:estan:20170304121320p:plain

プレミアとチャレンジ1の入れ替え戦よりも一週間早く、チャレンジリーグ1と2の入れ替え戦が始まりました。まずはチャレ1で7位のJAぎふと、チャレ2で2位のブレス浜松の第1戦。

ブレス浜松の方は、相変わらずトヨタ車体から移籍した熊本しか名前を覚えていないのだけれど、矢田部アナが「道都大学3年生の内定選手です」と言ったのが耳に引っかかった。この選手です。『チー顔』にも載っていません。なんとなく津賀@仙台に似た顔立ち。それがまるでエースのように活躍している。

大学3年生で内定というのは、まあ、クラブチームだからアリでしょう。実業団に合わせて「内定」という言葉を使っているのがヘンなだけで。しかし「道都大」というのが引っかかった。えーっ、北海道から浜松まで通いで試合に出るのかいアンタ。それ、ゆるくないね(←「大変でしょ」という意味の北海道弁)。

第1戦はブレス浜松の負けだったので、昇格は微妙な雲行きですが、来シーズンからの戦力として期待の選手というワケですな。

私、たいへん昔に6年ほど北海道に住んでいたことがあったので「えーっ、道都大。紋別から浜松までどうやって来てるのよ」と思ったけれど、調べてみたら道都大は現在、札幌近くの北広島に移転していました。ちなみに広島県からの移住者が多かったので「北広島」という地名なんですよね。

逮捕された女テロリストのように退場した小口樹葉@デンソー

f:id:estan:20170303214716p:plain2月25日の試合で、足がつってしまって退場したデンソーの小口樹葉。両脇を抱えられていたのですが、片足が麻痺しているような状態なので、ちょっとかわいそう。なんでお姫様抱っこしてあげないのでしょうか? まるで逮捕されて連行していく途中のような見かけになっています。まあ、怪我ではなかったようで、4セット目には歩いている姿も見えたので安心しましたが。

間橋の活躍に渡邊久惠も大喜び

f:id:estan:20170302204812p:plainいつもつまらなそうな顔をしていた間橋が大活躍。春日部共栄高校時代でも見せたことがないような喜びの表情を見せました。しかし間橋と同じくらい弾んだ表情をしているのが渡邊久惠です。

もう一つ。これは試合終了時のショット。いい笑顔。

f:id:estan:20170302205037p:plainこれで「日立にニューヒロイン誕生!」とは安直に言えないとは思うんですけれど、くすぶっていた選手が突然花開くというのは、見ていて嬉しいもんです。これを見ているこちら(つまり自分)はもう人生終わりかけているようなものかも知れないけれど、弾む心をちょっとだけお裾分けしてもらって、気持ちが高揚してくるような感じです。

ニコロバのマニュキアの色は赤

f:id:estan:20170301210141p:plainニコロバがすごい顔をしていたので思わずストップモーションにしたのですが、その時に「あ、マニュキアしてんだ」と気づきました。NECレッドロケッツに合わせたのでしょうか、赤です。

あと、試合終了して引き上げる時に出てきたポリーナと親しげにしてました。

f:id:estan:20170301210618p:plainやはり、現在日本でプレーしている外国人選手同士の繋がりがあるみたいですね。さすがにオフ会とかは無理でしょうけれど、ラインでグループ作ってやりとりしてるのかもしれませんよね。

アタックライン外からのジャンプトスは佐藤あり紗の代名詞的ワザになるか

f:id:estan:20170228220452p:plainアタックラインの外から、内側へと大きくジャンプしてのトス。これが、球に飛びついてトスするというよりは、落ち際でトスするのですごく華麗な技に見えます。これは金の取れるムーブでしょうね。もちろん、アンダーでアタッカーに上げる方が一般的なムーブなのでしょうけれど、オーバーでトスする方が早くなるのでそうしているのでしょう。そういうことが確実にできるスキルの高さがあるということでもあります。

で、この第1セットでのこのムーブが観客の頭に焼き付いていたからこそ、第3セットでの同じジャンプトスに観客が反応してどよめいたように思います。これです。

f:id:estan:20170228221232p:plain観客の反応も良かったように思いました。大田区体育館ということで、結構、バレーをよく見ている観客が多かったのかもしれません。スーパームーブが出るとすぐに反応してどよめきが起こっていました。そうなるといい相乗効果が出て、選手の方も「よし、私もいっちょどよめき起こしてやろう」と思うかもしれない。東レの方も日立の速さに真っ向から対抗できていたので、見応えのある試合になりました。